FreeBSD/共通事項/subversion クライアントコマンド

 
1. 能書き
2. チェックアウト
3. 更新
4. コミット
5. 取消
6. 追加
7. 削除
8. その他オプション

1. 能書き

 どこに書こうか迷ったのですがバージョンが変わることによってインストール方法が変わるようなことがあっても、クライアントコマンドはそうそう変わらないだろうと判断して共通事項として記述することにしました。

2. チェックアウト

> svn co URL[@REV]... [PATH]

 チェックアウト先に既にディレクトリやファイルが存在するためにチェックアウトに失敗するようなときは

 --force オプションを使用します。

3. 更新

> svn update [ディレクトリ名/]ファイル名 (省略時はカレントディレクトリ)

4. コミット

> svn commit -m "ログメッセージ" [ディレクトリ名/]ファイル名

5. 取消

> svn revert PATH...

 PATH の前に -R もしくは --recursive のオプションをつければ、再帰的に取り消しを行います。
 PATH. を指定すればカレントディレクトリのすべての変更を取り消します。

6. 追加

> svn add [ディレクトリ名/]ファイル名

7. 削除

> svn delete [ディレクトリ名/]ファイル名

8. その他オプション

 同一のマシンに複数の作業者が同一ユーザとしてログインしている状況で  別々のディレクトリで作業してコミットするときにコミットするユーザ名を変更したい時があります。  「subversion」のユーザのみを変更するには
> svn --username ユーザ名  サブコマンド

 と入力します。